トップページ >  ペットシッターを探そう > ペットシッターの資格

ペットシッターの資格

ペットシッターさんて、どんな人がやっているんでしょうか。必要な資格などについて調べてみました。
ペットシッターとして開業するためには、動物取扱責任者として「動物取扱業(保管)」の登録を行うことが法律で義務付けられています。

ペットシッターさんを選ぶときには、まず動物取扱業の登録をされているかを確認しましょう。ホームページに登録証を掲載しているペットシッターさんも多いようです。

「動物取扱業(保管)」の登録をするには、下記の3つのどれかに該当していることが必要です。

1.半年以上の実務経験がある
2.所定の学校を卒業している
3.所定の資格を取得している

参考:ヒューマンアカデミー「動物取扱責任者の登録のご案内」


もともとペットの関わるお仕事をしていて独立された方もいれば、まったく関係ないお仕事をしながら資格を取って開業された方もいますが、動物取扱責任者になるため、ペットシッターさんの多くは次のいずれかの資格を取得されているようです。

・愛玩動物飼養管理士
・ペットシッター士
・認定ペットシッター

調べてみると、ペット関連の資格ってすごくたくさんあるんですね。

資格をたくさん持っているからいいとは言い切れませんが、ペットに関するいろいろなことを相談できるのは、飼い主としては頼もしいです。

たとえば、服薬が必要なペットを預けるとしたら動物看護士の資格を持っているペットシッターさんのほうが安心できるような気がします。

ペットのしつけや栄養相談・介護についての相談・ペットロスの相談などもできると嬉しいですね。

長いお付き合いになるペットシッターさんには、困ったときに頼りにできるアドバイザーでいて欲しいなと思います。

<その他のペット関連資格>
・動物看護士
・動物介護士
・愛玩動物救命士
・ペット栄養管理士
・ドッグトレーナー
・ドッグトリマー

参考:ペット専門通信資格「日本ケンネルカレッジ」

参考:ヒューマンアカデミー「ペットの通信講座」
トップページ >  ペットシッターを探そう > ペットシッターの資格


★これで安心、ペットの見守りカメラ
やっぱり置いていくのは心配だよ・・・というあなたに。
最近では室内モニターが手ごろな価格で手に入ります。
水のみと一体型のものも!これなら確実にペットがうつりますね♪


★おるすばんに必須の、自動給餌器・給水器
自動給餌器や給水器があれば、猫ちゃんなら1泊は楽勝!
うちも使っています。
シッターさんを頼む回数も減らしてコストダウン☆

うちでも使っています!






【送料無料】猫語の教科書 [ 野沢延行 ]

【送料無料】猫語の教科書 [ 野沢延行 ]
価格:1,260円(税込、送料込)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。