トップページ >  ペットシッターを探そう > ペットシッターの選び方

ペットシッターの選び方

自宅に来てペットのお世話をしてもらうため、合鍵を渡すことになります。なので信頼関係はとっても大事。長い間信頼関係を築けるペットシッターさんの探し方は?
ペットシッターとペットホテルの比較」のページでお話したとおり、ペットシッターの依頼にはメリット・デメリットがあります。
ペットにとっては「慣れた家で飼い主さんの帰りを待つことができる」反面、飼い主さんにとっては「見知らぬ人に家の鍵もペットの命も預けなければならない」という高いハードルがあるのです。

そのハードルを乗り越えるために、ペットシッターのデメリットをカバーしてくれる、信頼できるペットシッターさんを探すことが重要です。

インターネット検索・電話帳(タウンページ)・ペットショップや病院からの紹介などいろいろな方法でペットシッターさんを見つけることができますが、どのような場合でも、まずは下記の点をおさえて、どのシッターさんと打ち合わせをするかを検討するとよいでしょう。


●動物取扱業の登録がされている 
ペットシッターは、動物取扱業の登録と動物取扱責任者の配置が法律で義務付けられています。サイトなどに動物取扱業者標識が掲載されているか、面接時に動物取扱業登録証を見せてくれるかを確認しましょう。

●名前・住所や電話番号がはっきりしている
名前・住所・電話番号などをはっきりとホームページやチラシ等に掲載しているペットシッターさんを選びたいところですが、個人で経営しているシッターさんが多く、防犯上の理由から全部は掲載していない方も多いようです。その場合でも「メールで問い合わせた段階で電話番号を教えてくれる」「電話した段階で住所を教えてくれる」など、きちんと確認しておきましょう。
ホームページで責任者やスタッフの顔写真・プロフィールなどが掲載されていれば、さらに判断しやすいでしょう。

●メール・電話の対応がしっかりしている
インターネットなどで申込みした場合でも、メールのやりとりだけで打ち合わせの日取りを決めるのではなく、いったん電話で連絡をして、対応を見てみることをおすすめします。
話し方や、どれぐらいの時間で折り返しの連絡をくれるか、常識はずれな時間に電話をかけてこないか、質問にきちんと答えてくれるかなど、電話で話すことでたくさんのことがわかります。

●事前打ち合わせをしてくれる
事前打ち合わせは必須です。打ち合わせで実際の人となりやペットとの相性を見たり、あらゆる疑問を解決したり、鍵の受け渡し方法を確認したり、契約内容を確認したりと、重要事項がたくさんあります。
事前打ち合わせをしない、というペットシッターさんが万が一いた場合、その時点で断りましょう。
会社・店舗によっては複数のスタッフを抱えている場合もあります。当日に面倒をみてくれる人本人に打ち合わせに来てもらいましょう。



上記のほか、料金や営業エリア、サービス内容などを確認し、事前打ち合わせをしたいシッターさんを絞り込みましょう。

絞り込んだ段階で、さらにインターネットで名前等を検索し、口コミ情報などがあれば参考にするのもよいでしょう。また、周囲で頼んだことがある人がいれば評価を聞いてみるとよいでしょう。

さて、事前打ち合わせの際に確認しておいたほうがよい事項は次のとおりです。
これらの内容は、ホームページ等で事前にわかるものもありますので、あらかじめチェックしておくことをおすすめします。



●ペットシッターの人柄
初対面で人となりを判断するのは難しいものですが、自分の直感を信じましょう。
挨拶・遅刻しない・話し方・常識的かなど、総合的に判断しましょう。

●ペットとの相性
こちらもいきなり判断するのは難しいですが、扱いに慣れているか・無理に近づこうとしないかなどを総合的に判断しましょう。

●ペットのカルテ作成
ペットのこと・普段の様子などを詳しく聞いて、カルテをきちんと作ってくれるかを確認しましょう。

●緊急時の対応の確認
ペットが急に病気・怪我をした場合、かかりつけ医に搬送してくれるかなど、緊急時にどのような対応をしてくれるのか確認しておきましょう。
緊急連絡先を複数聞いてもらえるかも確認のポイントです。

●報告書を作成してくれるか
お世話に来てくれた際の報告書を作成してくれるかを確認しましょう。
できれば、リアルタイムで写真をとってメール添付して送ってくれる「写メールサービス」をやってくれるシッターさんだと、旅先や外出先で安心できます。

●契約書の発行
サービスや料金、トラブル発生時の対応などが記載された正式な契約書を発行してもらいましょう。
契約書の内容は、不利なことが書かれていないかきちんとチェックして、疑問はその場で解決しておきましょう。

●鍵の預り証の発行
鍵と交換に預り証を発行してもらいましょう。

●身分証を見せてもらう
動物取扱業登録証のほか、免許書など、写真入で身分証明ができるものを見せてもらうと安心です。

●費用合計の見積書の発行
打ち合わせ費用、シッター費用、交通費など、結局いくらかかるのかを事前にはっきりさせてくれることは重要です。



事前打ち合わせに際して、打ち合わせ費用が発生するペットシッターさんが多いようですが、たとえ打ち合わせ費用が無駄になっても、「この人は何か合わないな」と不安を感じることが少しでもあれば断ることをおすすめします。旅行などのあいだ、ずっと不安に思いながら過ごすのは哀しいですし、そういった飼い主さんの直感は信じたほうがよいものです。

確認事項がたくさんあって、なんだか難しいなぁ・・・と余計に不安になってしまったかもしれませんが、とにかく「不安を残さないこと!」
この人ならお任せできるという人が見つかるまでとことん探すつもりで、時間に余裕をもって、強い気持ちでペットシッター探しに取り組んでみてください。

いい人が一度見つかれば、長い間、ペットを通じたステキなおつきあいができるようになりますよ!

トップページ >  ペットシッターを探そう > ペットシッターの選び方


★これで安心、ペットの見守りカメラ
やっぱり置いていくのは心配だよ・・・というあなたに。
最近では室内モニターが手ごろな価格で手に入ります。
水のみと一体型のものも!これなら確実にペットがうつりますね♪


★おるすばんに必須の、自動給餌器・給水器
自動給餌器や給水器があれば、猫ちゃんなら1泊は楽勝!
うちも使っています。
シッターさんを頼む回数も減らしてコストダウン☆

うちでも使っています!






【送料無料】猫語の教科書 [ 野沢延行 ]

【送料無料】猫語の教科書 [ 野沢延行 ]
価格:1,260円(税込、送料込)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。